特集!アルミパーテーション購入6サイト

ホーム > アルミパーテーションの豆知識 > なぜ多くの工場ではアルミパーテーションが使われているか

なぜ多くの工場ではアルミパーテーションが使われているか

 アルミパーテーションをよく見かける場所は、事務所です。
事務所での作業効率を良くする為に、パーテーションが設置されている事が多いです。
しかしアルミパーテーションは、実は事務所以外の法人も設置していることがあります。
例えば工場です。
工場にとっては、そのパーテーションは非常に使いやすいからです。
そもそも工場としては、機能性を重視している傾向があります。
中でも重量にこだわっている工場は多いです。
パーテーションを設置するにしても、あまり重たいのは困ります。
設置の手軽さなどを考慮すると、パーテーションは軽いに越した事はありません。
その点アルミパーテーションは、軽さのメリットがあります。
あらゆる金属の中でも、アルミは非常に軽いですから、多くの工場が採用している訳です。

 軽さだけではありません。
組み立てに関するメリットもあります。
工場の方々は、アルミパーテーションを自力で組み立てている事も多いです。
ですがパーテーションの組み立て作業が大変なのは、少々困ります。
作業工程が複雑ですと、組み立てるのに時間がかかってしまいます。
そもそも工場では、作業効率も重視している事が多いです。
組み立てにあまり時間を取られてしまうのも困りますから、パーテーションは簡単に組み立てられるに越した事はありません。
その点アルミパーテーションは、とても手軽に組み立てる事ができます。
スチールなどの金属と比べると、比較的簡単に組み立てられる構造になっています。
ですから機能性を重視する工場からすると、とても使いやすいので、スチールでなくアルミの製品が使われている事が多いです。

 なお工場がアルミパーテーションを選ぶ時は、不燃性も重視される傾向があります。
というのも工場では、かなり温度が高くなる事もあるからです。
高熱が発せられる機械などを使用して、作業を行っている工場も多数あります。
温度が高い場所ですと、パーテーションが燃えてしまうのは困ります。
しかしアルミパーテーションによっては、特殊な加工が施されている事があります。
業者によっては窒素を含めた薬剤を使用して、パーテーションを作っています。
そのタイプの製品の場合は、非常に燃えづらいです。
ただ不燃性の性能は、パーテーションによって異なります。
不燃性が優れているパーテーションもあれば、その逆もあります。
ただしパーテーションの不燃性は、見積もりで確認する事も可能です。
ですから多くの工場は、見積もりを活用してパーテーションを比較しています。

次の記事へ

先頭に戻る